オーラ

オーラをみてみようとした結果

こんにちは。実は先日私の地味な特技を披露しました

 

 

なんと、16人の方がリプ(コメント)くれました…あなうれしや。

 

分かってます。自分でもヘンテコなこと言ってるって分かってます。

オーラなんて非科学的そちらの人間ねプークスクス( *´艸`)と思っている人から見たら…アホとしか言いようがありません(泣)。

 

しかし…それでもコメントつけてくださる方がいるのだから、私だって全力出します。

あらためて、手を挙げてくれた方には感謝申し上げます。

なんでオーラみようなんて思ったか

先に謝ります。ごめんなさい、単なる思いつきです。

ランチ休憩している時に、ふと思いついたのです。

 

面白い企画をしたいと考えていて、相手が喜んでもらえるものが良いなと思っていたのです。

私は基本的に感謝砲(一斉にTwitterアカウントを載せてツイートする方法)を好みません。

理由は単純で、自分が感謝砲に乗っかった時に、通知欄が荒れて嫌だったから。

数回乗っからせていただきましたが、さすがにもういいかなと思いました。

 

私もそんなに苦じゃなくて、相手も面白く思ってもらえる方法として、相手のオーラを言うっていうのはドンピシャだったのです。その時は。

 

善は急げということで早速ツイートしました。

りりーは本当にオーラが見えるの?

これについては真でもあり、偽でもあります。

 

まず、私は肉眼でオーラをとらえることはできません。

オーラはよく、その人の周りを取り巻いているように例えられています。しかし、目で見えるとしたらそれは可視光線(※)です。

※可視光線(かしこうせん)とは:

人間の目に光として感じる波長範囲の電磁波。

(中略)人間の視覚が色を認識するのは、網膜の視細胞である錐体にある、ヨドプシンと呼ばれるタンパク質の働きによる。人間の錐体には3種類あり、それぞれ青、緑、赤色の光を認識する。これらの3種類の錐体によって、すべての色を表現することができる。「光の3原色」とは、人間が3種類の色を認識することに基づいた考え方である。

引用元:東邦大学 理学部 生物分子科学科 高校生のための科学用語集 化学用語 可視光線 より一部引用

つまり、皆見えているはずなのです。色だから。

オーラが見える、という人は特殊な光の波長を感知できる視細胞を持っているのかというとそうではないと思います。

仮に特殊な細胞を持っているとすると、日常的に見える風景は明らかに人と異なり、生活に支障をきたすレベルなのではないかと考えられます。

具体的に言えば、リモコンの赤外線や太陽から降り注ぐ紫外線(UV)が見えちゃっている状態。あ、レントゲン写真の光も分かっちゃうかも。

んなはずあるかwというのは誰でも分かりますね。

 

もう一度いうと、私は肉眼でオーラを見ることはできません。

オーラが目で見えるかというと偽(否)です。

 

では、なぜその人のオーラを言えたのか。

 

それはイメージを使って見たからです。

 

そうです、誰にでもあるイメージ力(想像力)です。

これで私はその方の色を言うことができました。

実はオーラのヒントはたくさん隠されている

今回は非対面でオーラをみました。

実際に会ってないのになぜ…?

と疑問に思うかもしれません(むしろ疑問に思う人の方が多数でしょう)。

 

先ほど伝えたように、イメージ力を使ってオーラをみることができました。

 

いきなりその人のオーラをイメージでとらえることができるの!?という話ですが、

ぶっちゃけ可能です。

 

実は、オーラのヒントなるものはその人のアイコン、文章、アカウント名など、所々に隠されています。

そこから連想のようにイメージを繰り広げていけば、

「この人はこんな感じの人」という人物像を作り上げていくことは十分にできます。

 

…ただ正直に言うと、私は直感重視派なので、最初はほぼ直感で〇色!とポンと頭にひらめきます。

 

あとはなぜそう思ったかを理由付けしていくだけの話です。

ヒントが少ない場合はオーラがみえるのか

ここでカンの良い方は一つの疑問が浮かぶと思います。

アイコンが未設定の方でもオーラをとらえることができるのか、ということです。

 

これについては、ケースバイケースです。

私のレベルがまだまだであることを痛感します。

 

というのも、まずアイコンを設定していないケースも様々だからです。

  1. Twitterを始めたてでツイートが少ない場合
  2. バンバンツイートしているけど単に設定していない場合
  3. ツイート数はたくさんだけどリツイートばかりの場合
  4. 悪意のあるコメントをたくさん書き込んでいる場合
  5. 相互フォローアカウント
  6. bot

etc.

①についてはツイートの内容によりけりですが、それでも部分的には分かるかと思います。

②~④は可能です。

⑤・⑥の運営者を見ろというのなら、しぶしぶ頑張ります。

ただ、⑤・⑥そのものも、人間ではなくてもオーラを発しているのかな、思います。

 

いずれにしても、完全に分からないということはなさそうです。

しかしあくまでも私個人の体感なのであまり説得力はありませんが…。

まとめ

ズバリ、イメージ力です。

 

今回はちょっと試験的要素も含めていたため、フォロワーさん限定とさせていただきました。

非対面、そして本当の名すらを知らないというヒントが少ない中で私も緊張しました。

それでも、喜びの声が聞こえました。

 

このツイートで初めて交流する方も見てみました!

本当に緊張します(汗)

 

でも、喜んでくれてよかったです。

 

他にも声をお寄せいただいたのですが、ここでは割愛させていただきます。

 

次回の予定は未定です。

また、次回は有料で行うことも視野に入れています。

 

今回はご参加いただき、そして見守っていただき、ありがとうございました。