本のこと

1分感想:『予想どおりに不合理』5章 無料に社会規範!?

※1分で読めることを目標に感想をまとめてます。

※前回のお話

1分感想:『予想どおりに不合理』4章 社会規範と市場規範※1分間で読めるくらいに記事にしています。 ※前回のお話 https://yuri-nikki.com/2021/10/07...

 

【備忘録】

行動経済学のお話。

タイトルに惹かれて買った。

韻を踏んでいる感じがもう、いいでしょ、たまらないでしょ。

と思って。


5章 無料のクッキーの力

また無料!の話か!

無料の威力は3章で学んだやん!

1分感想:『予想どおりに不合理』3章 無料!の力※1分で読めるくらい簡潔にまとめて感想を書いた記事です。 ※前回のお話 https://yuri-nikki.com/202...

 

でも今回は別の側面のお話。

4章の社会規範市場規範のお話とつながる部分があった。

 

再び登場

無料のキスチョコ14セントのリンツのチョコ

リンツもかなりお得ではあるが

おひとり様1コまでだった。

 

では

 

個数制限を設けないとどうなるのか?

 

その結果、

無料の方が、1人が持っていく個数は少なくなったのである。

 

安くなっているだけでは市場規範が働くが、

無料にすると社会規範が優位になる。

 

・・・

 

確かに私も、無料だと

がっつくのは恥ずかしいというか、

次の人がもらえないとかわいそうだな、

なんて思ってしまう・・・。

 

安いと買い占めができるけど、

無料だとそれがはばかられるのはなんとも不思議。

 

ちなみに5章冒頭のエピソードに

ウェディングドレスの叩き売りイベントのお話がある。

 

通常数千ドルするドレスが数百ドルにまで値下げされる。

それを手に入れるために花嫁候補が醜い争いを繰り広げるという、

地獄絵図のイベントがあるようだ。

 

 

 

 

安くなると

がっつき度が上がるのはイメージできる。

 

無料になった途端

自分の中にある社会規範が出てきて

お行儀が良くなるのは結構意外だったかも。

 

 

今日はここでおしまい。


何度も主張するが、リンツのチョコは本当においしい。